産後の脱毛エステはいつから通えるの?

脱毛途中で妊娠に気が付くと、本当に焦ってしまいますよね。
それは、脱毛エステの光がお腹の赤ちゃんに与える影響について心配しなくてはならなくなるからです。
では、妊娠中には脱毛をお休みするとして、産後にはいつから脱毛サロンに通うことができるようになるのでしょうか。

 

産後のホルモンバランスと産後の脱毛エステについて

まず、妊娠中には脱毛を避けるべきですが、その理由のひとつに、妊娠中にはホルモンバランスが崩れ、さまざまな変化が心と身体に現れやすくなるということが挙げられます。
また、妊娠中はちょっとした刺激に対して身体が過敏に反応することがあり、脱毛エステの光に対しても、身体が過敏に反応することが考えられます。
さらに、脱毛エステでは急場に対応することができないというのも、妊娠中に脱毛をお休みしなければならない理由のひとつです。

 

そして、妊娠が発覚した時点で、まず確認して頂きたいことがあります。それは、契約内容の確認です。
脱毛サロンの契約には、大抵期限が設けられていますので、まずは契約期間の確認、そして、期限に間に合わない場合の期限延長の有無を必ず確認しておきましょう。
脱毛エステのコースの中には、無期限契約となっている種類もありますが、そうでない場合には必ず上記の2点を確認し、必要であればいったん解約するということも視野に入れておきましょう。

 

脱毛は産後が絶好のチャンス!?

妊娠・出産で脱毛をお休みしたとしても、産後にホルモンバランスが整えばすぐに脱毛を再開することができますので、あまり落ち込む必要はありません。
それどころか、産後は脱毛の絶好のタイミングですので、むしろ喜ぶべきです。

 

たとえば、妊娠中に突然毛深くなることはなかったでしょうか。
これは、突然男性化が起こったのではなく、妊娠中に分泌量が増えたプロゲステロン(黄体ホルモン)の仕業です。
そして、産後しばらくはこの毛深さが続きますが、毛深くなったということは、毛の密度が高まって色素が濃くなり、より脱毛に適した環境が整ったと考えることはできないでしょうか。

 

脱毛エステの光は、毛のメラニン色素に反応しますので、毛根細胞の色素が濃くなれば、脱毛効果が現れやすいと考えることができるはずです。
ただし、産後は思いのほか体力を消耗していますので、体力が戻り、赤ちゃんのお世話に慣れるまで、ひとまず脱毛はお預けとしておくことがベスト。

 

脱毛再開の目安は、出産後の生理再開または授乳完了後など、脱毛サロンによって基準が異なりますので、この部分については直接脱毛サロンに相談してみると良いでしょう。