脱毛すると増毛化するのは本当?

増毛化という言葉はあまり聞き慣れないという人も多いかと思いますが、他には「多毛化」などと呼ばれたりもします。

 

この増毛化とは、光脱毛やレーザー脱毛をする前よりも、毛が増えたように感じることです。
しかし、結論から言うと、人の毛穴の数は生まれた時から変わらないので、脱毛をしたからといって、急に毛が多くなるということはありません。

 

では、何故毛が多くなったように見えるのでしょうか?
実はまだはっきりとは医学の世界では解明はされていませんが、産毛や色素の薄い毛に光を照射すると、メラニン色素が薄いのであまり光には反応せずに、かえって毛根の細胞を活性化させてしまい太い毛が生えてしまうことがあります。
それが毛が多くなったように見えてしまうという訳です。

 

ちなみに増毛化が起こりやすい部位とは、うなじ、顔、背中、首周り、肩周りなどがあります。
このような部位の毛は産毛などの細い毛が集中しているので、他の部位に比べて増毛化しやすくなります。

 

もし脱毛した毛が増毛化してしまったら?

もし脱毛した部位が増毛化してしまったらどうしたら良いでしょうか?
ここでは、その対処法を詳しく解説します。

 

少し強めの出力で照射をする

増毛化してしまったからといって、施術をお休みする必要などはありません。
引き続き施術を行っていけば、増毛化した部位も自然と脱毛できます。

 

ただし、脱毛サロンやクリニックによっては、増毛化した部位の毛根にしっかり熱が届きやすくなるように、以前よりも少し強めの出力で照射を行っていく場合が多いです。
しっかり光に反応させて毛根に刺激を与えることができれば脱毛効果もきちんと出ます。

 

脱毛器を交換してみる

脱毛サロンの場合は1つの脱毛器しか取り扱ってないところが多いですが、クリニックの場合は、種類が違うレーザー脱毛器を複数取り扱っているところもあるので、医師と相談して、効果的な脱毛器があればそちらに変更して脱毛を行ってみるのも良いでしょう。

 

ニードル脱毛で施術する

光脱毛やレーザー脱毛の場合は、産毛や色素の薄い毛には反応しづらいので、施術を続けていても効果がない場合には、ニードル脱毛で施術を行ってみるのも1つです。
ニードル脱毛とは、毛穴の1つ1つにプローブという針を差して、微弱電気を流して毛根を完全に破壊していく脱毛方法です。

 

この方法であれば、産毛や色素の薄い毛でも完全に脱毛できるので、悩んでいる人にはオススメな方法です。
ただし、毛穴に針を差して電気を流すので、かなりの痛みを伴います。
ニードル脱毛を希望する人は、必ずパッチテストをしてからにしましょう。