脱毛で炎症が!原因はなに?

ムダ毛のないツルツルお肌は女性の憧れです。そして、そのようなツルツルお肌を手に入れるためには脱毛を行う必要がありますが、脱毛は一歩間違えると炎症を起こす危険性を秘めています。

 

これは危険!炎症が起こりやすい脱毛方法とは?

脱毛は、セルフで行う方法と脱毛サロンや医療機関などでプロに任せて行う方法があります。そして、炎症を起こしやすいのは、セルフで脱毛を行ったときです。
まず、セルフで脱毛行う方法には毛抜きとワックスがありますが、これらはどちらも健康な毛を無理やり引き抜く方法であるため、当然、処理中には毛穴とその周囲の皮膚に大きな負担がかかります。

 

そして、処理後にケアを怠った場合では、毛穴やその周囲の皮膚が負ったダメージはそのまま回復せずに放置されることになり、炎症が起こる可能性が広がります。というのは、毛抜きやワックスで健康な毛を無理やり引き抜くと、毛穴が急激に広がることになって雑菌が入り込みやすい状態となるからです。

 

また、毛穴やその周辺の皮膚にダメージを与え続けると、身体が持つ防衛機能が働き、その部分の皮膚が厚く硬くなることがあります。こうなってしまうと毛穴は塞がれ、炎症だけではなく、埋没毛が起こる可能性も出てきます。

 

毛抜きやワックスでのセルフ脱毛が絶対にいけないということではありませんが、セルフ脱毛後のケアを怠ると、炎症や埋没毛の危険性が広がるということも覚えておきましょう。

 

レーザー脱毛でも炎症が起こることがあるの?

医療機関では、脱毛を受ける方の毛質や肌質に合わせてレーザー照射の出力数を調節しますので、レーザー脱毛で炎症が起こることはほとんどないと考えることができます。
ですが、日焼け肌にレーザーを照射してしまうと、レーザーが皮膚の黒色に対しても反応を示し、脱毛後に炎症が起こることがあります。

 

また、極端な敏感肌やアレルギー肌の場合でも、レーザーに過敏な反応を示し、炎症が起こることがあります。
ただし、医療機関に於いては、日焼け肌、敏感肌、アレルギー肌に対してははじめからレーザー脱毛を行わないことがほとんどです。

 

最近では、日焼け肌や敏感肌、アレルギー肌にも対応することができるレーザー脱毛器も登場してきていますので、お肌の状態がこれらに該当する方は、ひとまず医療機関に相談してみるとよいでしょう。

 

また、レーザー脱毛中に万が一の炎症が起こってしまった場合には、ひとまず脱毛の施術を中止して応急処置を行うことができますので、炎症が起こったとしてもそれを最小限に食い止めることは可能です。

 

日焼け肌であれば、施術を行う医師や看護師が目視で確認してレーザー脱毛の可否を判断することができますが、敏感肌やアレルギー肌の場合では、目視で確認することができない場合もあります。

 

目視で確認することができない敏感肌やアレルギー肌の方は、レーザー脱毛を受ける前のカウンセリングの段階で、その旨を医師にきちんと伝えておきましょう。
それにより、レーザー脱毛を受けたとしても炎症を回避することができる確率が高まることは間違いありません。