脱毛すると体臭がきつくなるって本当?

脱毛をしたいけど、脱毛後に体臭がきつくなるという話が怖くて…という方は多いことでしょう。
ですが、脱毛を行ったあとに体臭がきつくなるというのは、本当の話なのでしょうか。
結論からお話ししますと、脱毛そのもので体臭がきつくなるということはなく、脱毛後に体臭がきつくなるのというのであれば、それは脱毛とは別の部分に問題が隠されています。

 

体臭の原因について考えてみましょう

私たちの皮下には、アポクリン線とエクリン線という、2種類の汗腺が無数に走っています。
そして、エクリン線から分泌されてくる汗の成分は、約90%が水であるといわれていますので、ほとんど体臭の原因になることはないといわれています。

 

一方で、アポクリン線はエクリン線とは異なり、脇やデリケートゾーンに密集しており、この汗腺からは、水分だけではなく、タンパク質や脂質なども多く分泌されます。
そして、これらの成分を餌とするコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌が繁殖し、ノネナールという臭い物資を作り出すことにより、いわゆる”ワキガ”や”スソワキガ”の状態が作り出されて行きます。

 

そして、本来であれば、ノネナールが毛に付着している状態のほうが、脱毛後のツルツルの状態よりも臭いが発生しやすいと考えられています。
では、脱毛後、ノネナールが付着する毛がなくなった状態で、臭いがきつくなるというのは、いったいなぜなのでしょうか。

 

まず、脱毛したからといってアポクリン線がなくなるわけではありませんので、以前と変わらずアポクリン線からは汗やその他の分泌物が分泌されてきます。
そして、毛がなくなった状態では、その分泌物が服に付着し、服の繊維の中でコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌が繁殖し、ノネナールを作り出していると考えることができます。

 

脱毛後に体臭がきつくなったと感じたら?

脱毛後に体臭がきつくなったという方は、脱毛以前のご自身の汗の状態を思い出してみて下さい。あなたは、元から脇汗が多くはなかったでしょうか。
毛がなくなると、身体から分泌された汗やその他の分泌物は服の繊維にそのまま吸い取られますので、そこで雑菌が繁殖した場合には、以前よりも体臭がきつくなったと感じることが多くなります。

 

まず、できる限り身体を清潔な状態に保つのはもちろんのことですが、ワキガのような臭いが強くなったと感じたのであれば、ひとまずワキガに対応したデオドラントクリームなどで対処してみて下さい。
その上で、服をこまめにお洗濯またはクリーニングに出してみましょう。
この方法で、大抵は体臭の問題から解放されるはずですよ。