アトピーでも脱毛サロンで脱毛できるの?

アトピー性皮膚炎は、食品などのアレルゲンに対して身体が過敏に反応する皮膚疾患です。
そして、アトピー性皮膚炎を発症すると、表皮のバリア機能が破壊され、乾燥肌に伴う痒みの症状が現れやすくなります。
では、アトピー肌の方の場合では、脱毛サロンで脱毛を行うことができるのでしょうか。

 

アトピーでも脱毛を行えるのか?

アトピー性皮膚炎とはいえ、その症状の現れ方は実にさまざまで、身体の一部分にだけ症状が現れたり、身体の表皮全体に症状が現れたりすることがあります。
そして、脱毛サロンで脱毛を行うに当たって問題となるのが、その症状のレベルです。
アトピー性皮膚炎が悪化すると、表皮のバリア機能が破壊されるために乾燥肌が進み、そのため、激しい痒みが現れることがあります。

 

そして、その症状の緩和に使用されるのがステロイド内服薬やステロイド外用薬ですが、これらの薬を使用している間は、脱毛サロンでの脱毛が行えないことがあります。
これらの薬を使用している方の場合では、カウンセリングの段階で医師の同意書が必要になることがありますので、この部分については各脱毛サロンに直接問い合わせを行ってみましょう。

 

また、ほとんどの脱毛サロンでは、光アレルギーの有無をチェックするためのテスト照射を行いますので、これでお肌が過敏な反応を示さなかった場合では、脱毛を行うことができる可能性が高くなると考えられます。

 

まずはかかりつけの医師に相談を!

アトピー性皮膚炎方が脱毛を行うに当たって最も注意しなければならないのが、ステロイド剤です。
というのは、ステロイド内服薬の服用中には身体の免疫機能が弱まり、感染症などに感染しやすい状態となっています。
つまり、光を照射することによってお肌が強い刺激を受けると、その部分に炎症などが起こる可能性があるということです。

 

そして、ステロイド外用薬は脱毛時の光に強く反応すると考えられ、やけどのリスクが伴います。
ただし、ステロイド薬は何種類にも分類されており、それぞれに身体に働きかける作用は異なります。
そして、この部分については素人が判断することはできませんので、ステロイド薬を使用している方は、それがどのような種類であれ、ひとまずかかりつけの医師に相談することが必要となります。

 

そして、医師によって脱毛サロンでの脱毛が可能であると診断された場合には、必ず脱毛に関する医師の同意書をもらっておきましょう。
また、脱毛サロンの中には医療機関と提携しているところもありますので、そのような脱毛サロンであれば、まずは脱毛サロンに相談してみると良いでしょう。