脱毛は100%トラブルがないとは言い切れない

最近の脱毛には、永久脱毛、医療脱毛、光脱毛があり、どの脱毛も昔に比べ最新の脱毛器を使用しているので安全に受けられるようになりましたが、場合によっては肌トラブルが起こってしまう場合もあります。

 

では、どのようなトラブルが起こり得るのか詳しく解説します。

 

肌が腫れる・火傷する

医療脱毛や光脱毛は、照射する光の出力が強過ぎた場合などに肌が赤くなり腫れてしまったり、火傷をしてしまう恐れがあります。
特に肌が弱い人、敏感肌の人は注意が必要です。

 

痒みが出る

肌が乾燥していたり、バリア機能が低下しているところに光を照射すると、刺激が加わり痒みが出てきてしまうことがあります。

 

痛みが出る

痛みも肌が乾燥していたりすると外からの刺激で痛みが出やすくなるので、施術前後はしっかり保湿しておくことが大切です。

 

このように、個人差などがありますが、脱毛をすると上記のような肌トラブルが起こる可能性が出てきてしまいます。

 

肌トラブルを起こさない為の対処法

最近の脱毛はかなり安全だと言われていますが、体調や体質によっては肌トラブルを起こす可能性も0ではありません。
では、どのようなことに注意すれば良いのか紹介します。

 

施術の前の薬の服用に注意する

薬の中には光を吸収しやすくなる薬剤もあるので火傷などの原因にもなります。
常に飲んでいる薬がある場合はスタッフに申し出ましょう。

 

前処理をしっかりする

医療脱毛や光脱毛で施術をする場合は、しっかり前処理をしておかないと、伸びている毛に熱が集まり過ぎて火傷に繋がる場合もあるので気をつけましょう。
永久脱毛の場合は逆に毛を数ミリ伸ばす必要があるので、全部剃らないように注意して下さい。

 

肌の保湿をしっかりする

脱毛前後は、肌の保湿をしっかりしないと、痛みを感じやすくなってしまったり、痒みなどが起こる可能性もあるので、肌に潤いを与えておくことが大切になります。

 

体温を上げる行動は控える

施術前後は、お肌も敏感で痒みなども出やすくなるので、お酒や激しい運動、入浴など、急激に体温が上がってしまう行為は控えましょう。

 

このように、施術時に肌トラブルを起こさないようにする対処法はいくつかあるので自分は大丈夫と思わずしっかり頭に入れておいて下さい。