ipl脱毛の仕組みってどうなっているの?

脱毛エステでは、主としてiplと呼ばれる光の照射でムダ毛処理を行います。
ipl脱毛のメリットは、お肌への刺激が弱く、痛みに弱い方であっても比較的安心して照射を行うことができるという点にあります。
それでは、ipl脱毛の仕組みと、レーザー脱毛との違いについてご紹介します。

 

ipl脱毛の仕組みとは

ipl脱毛は、iplという弱い光を毛根部分に照射して行うムダ毛処理法です。
iplは、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応する性質を持ち、毛根部分に照射することによって、毛根組織の働きを弱める働きを持っています。

 

ipl脱毛は1回で毛根組織を弱らせることができず、数回に渡る照射を行うことによって、徐々にムダ毛が抜けて行きます。ですが、毛根組織を破壊することはできませんので、永久脱毛には分類されません。
また、iplの性質上、日焼け肌に照射すると、お肌の色にも反応すると考えられますので、日焼け肌のレベルによっては照射することができない場合もあります。

 

レーザー脱毛とはどう違うの?

ipl脱毛は医療脱毛ではありませんので、脱毛エステで施術を受けることができますが、レーザー脱毛は医療脱毛に分類されるため、医療機関でしか受けることができません。
そして、両者の決定的な違いは、永久脱毛か否か、という部分にあります。

 

上記で少し触れていますが、ipl脱毛は毛根組織を破壊する方法ではありませんので、iplによってダメージを受けた毛根組織の機能が回復すれば、脱毛完了後にもムダ毛が再生してくる可能性があります。

 

つまり、ipl脱毛は、脱毛処理ではなく除毛処理に分類されるため、永久脱毛ではないということですね。
一方、レーザー脱毛もiplと同様の原理で、レーザーを毛根組織に照射する方法ですが、レーザーはiplよりも強いパワーを持ち、毛根組織を破壊することができます。

 

光やレーザーを照射して脱毛するというと、どちらも同様の効果を得ることができそうですが、毛根組織を破壊することができるのはレーザーのみですので、ムダ毛の再生率が低い永久脱毛をお望みなのであれば、ipl脱毛ではなく、レーザー脱毛のほうがおすすめできます。

 

ただし、ipl脱毛は施術中に痛みを感じることはほとんどありませんが、レーザー脱毛はパワーが強い分、施術中に強い痛みを感じることがあります。
永久脱毛をお望みなのであれば、レーザー脱毛をおすすめしたいところではありますが、痛みがどうしても怖いという方は、ひとまずipl脱毛で除毛処理を行ってみて、ゆっくりとレーザー脱毛について検討してみてはいかがでしょうか。