脱毛サロンの返金制度について

脱毛サロンに通い始めたはいいけれど、途中で通うことができなくなる事情ができた、あるいは担当者との相性が悪いなどの理由により、解約が必要になることもあるでしょう。
そのようなときに気になるのが、各脱毛サロンの返金制度なのではないでしょうか。

 

脱毛サロンの返金制度とは?

まず、クーリングオフという制度があるということを知っておきましょう。
この制度は、契約を行った日から8日以内であれば契約を解除することができるという制度です。

 

つまり、一度行った契約をなかったことにすることができる制度です。たとえば、カウンセリングの流れで高額なコースを契約したが、やっぱり解約したいなどの理由が生じたときなどにこの制度を利用すれば、すべてをなかったことにできますね。

 

ただし、クーリングオフ制度が適用されるのは、契約期間が1カ月以上、契約金額が5万円以上という規定が設けられていますので、契約内容がこれに該当しない場合には、クーリングオフの対象とはなりません。

 

そして問題なのが、なんらかの理由によって解約したいと考えたときです。このときに注意して頂きたいのは、脱毛サロンによって違約金や解約手数料が生じる場合があるということです。
また、違約金は契約金額の10%となっていますので、場合によっては返金制度を利用して解約するのではなく、休止扱いにしてもらったり、店舗内移動などの処置を講じたりすることが得策となることもあります。

 

脱毛サロンの中は女性専用となっているところが多く、そのような店舗に於いては妊娠・出産などの理由で休止を希望する方が多いため、それに対応した休止期間制度が設けられていることもあります。

 

絶対に解約しなければなららない理由が生じたのであればしかたがありませんが、解約による返金制度の利用を考える際には、返金制度の利用と休止期間の利用のどちらがご自身にとって有利なのか、冷静に考える必要があるでしょう。

 

契約の前に!契約書にきちんと目を通しましょう!

脱毛サロンでコースの契約を行う際には、必ず脱毛サロンと利用者間で契約を取り交わし、そこには契約書の存在があります。そして、契約書にサインをする前には、担当者から契約書に目を通す旨を告げられますので、このときには面倒がらずに、必ず契約書に目を通して下さい。

 

その中には、返金制度についての細かい記載があるはずです。
いざ返金という段階になって慌てないためにも、脱毛サロンで契約を取り交わす際には必ず契約書に目を通し、返金制度についてもきちんと確認しておくことが大切です。