脱毛エステの前処理はどうすればいいの?

初めての脱毛エステ、結構ドキドキしますよね。
本当に脱毛効果は得られるのか、痛くはないのかなど、脱毛エステでの脱毛前には、さまざまな思いが頭の中を駆け巡ります。

 

ですが、ここはひとつ落ち着いて、脱毛前の脱毛処理をしっかりと行っておきましょう。
また、脱毛エステで脱毛を受ける前には、脱毛の前処理のほか、いつくか注意しなければならない点があります。

 

脱毛エステ前の脱毛処理

脱毛エステでは、光脱毛という方法でムダ毛処理を行うことができます。
この方法は、光が持つムダ毛のメラニン色素に反応する性質を利用した脱毛方法で、毛根組織そのものを破壊することはできませんが、毛根組織を弱らせてムダ毛の再生能力を弱める効果を期待することができます。

 

そして問題の前処理ですが、これはカミソリやシェーバーなどで、毛穴から露出している部分のムダ毛を剃る処理を行っておきます。
それは、ワックスなどで毛根からムダ毛を引き抜いてしまうと、光が反応すべきムダ毛のメラニン色素がなくなってしまうからです。

 

また、剃り残しがある部分に光を照射してしまうと、毛穴から露出している部分のムダ毛の色素に光が反応し、その周囲にやけどを負ってしまう可能性があります。
剃り残しが合った場合では、脱毛エステによってはその部分を避けての照射になったり、有料のシェービングが必要になったりすることがありますので、前処理の段階では、できる限り剃り残しがないように丁寧に処理しておくことが大切です。

 

そして、除毛クリームも脱毛エステの前処理には使用しないことがベストです。
除毛クリームは、お肌表面のムダ毛をきれいに取り除くことができるというメリットを持つ半面、強いアルカリ成分によってお肌がダメージを受けることも考えられます。

 

光の照射はお肌に優しいとはいわれていますが、多少なりともお肌に刺激を与えることも考えられますので、お肌にダブルのダメージを与えてしまわないためにも、除毛クリームによる前処理も避けておくことがベストです。

 

脱毛前に注意しておきたいこととは?

脱毛前には日焼けをしないこと、これが鉄則です。
強い紫外線によってできた日焼け肌はお肌が乾燥しているため、少しの刺激で炎症が起こることが考えられます。また、日焼けによって表皮にメラニン色素が定着すると、光がその色素の反応してしまうことが考えられます。

 

このような理由から、脱毛エステ前の日焼けは禁止です。
そしてもうひとつ、脱毛エステ前の1週間は、予防接種を避けましょう。

 

予防接種後は免疫力の低下によって体調を崩しやすい時期ですし、リンパ管に腫れが生じる可能性もありますので、特に脇やVIO脱毛は行うことができない場合もあります。
脱毛エステ前には、前処理ももちろん大切ですが、日焼けや予防接種にも注意を払う必要がありますので、特に予防接種のご予定がある方は、脱毛のスケジュールと被ってしまわないよう、十分に注意しましょう。