知ると怖い?脱毛エステの裏事情とは

私たち脱毛エステ利用者にはわからない裏事情、脱毛エステには、私たちが普段触れることのない、裏事情が存在しているようです。
知ってしまったら少し怖くなるかもしれませんが、怖いもの見たさで、つい知りたくなるのが脱毛エステの裏事情ですね。
それでは、脱毛エステの裏事情を、ほんの少しだけ覗き見してみることにしましょう。

 

知ると怖い、脱毛エステの裏事情とは?

以前から問題視されているのが、脱毛サロンの強引な勧誘です。
現在では、悪質な脱毛サロンは行政の指導によって姿を消していますが、それでも、依然として強引な勧誘を行っている脱毛サロンは数多く存在しています。
たとえば、高額なコースの契約を迫り、利用者が契約を承諾するまで離さない脱毛サロン、脱毛とはあまり関係のない高額な化粧品を売りつけようとする脱毛サロンなど。

 

ではなぜ、依然としてこのような脱毛サロンが存在しているのでしょうか。
それは、”売上重視”が社訓として掲げられているからです。
そして、店舗やエステティシャン個人の、月間または年間の売り上げ目標が設定されており、それを達成できなかった場合では、減給という処分を受ける可能性が出てくると考えられます。
減給処分と聞いたら、誰だって必死になって、売り上げなくては…という気持ちになりますよね。

 

また、ほとんどの脱毛サロンでは、「無理な勧誘はありません」と公式サイトで謳っていますが、それは、まともに「ウチは勧誘します」と謳ってしまったら、利用者が激減することが予想されるからです。
脱毛エステでの脱毛をお考えの方は、多かれ少なかれ勧誘があるということは、覚悟しておく必要があるでしょう。

 

格安価格の脱毛サロンほどアブナイ!?

脱毛サロンではほぼ確実に勧誘がある。
こう聞いてしまうと、脱毛サロン自体が怖くなってしまいますが、強引な勧誘が多いのは、一般的に格安サロンと呼ばれている脱毛サロンです。

 

どのような脱毛サロンであっても、店舗や個人、月間や年間の売り上げ実績は大切です。
ですが、格安サロンの場合では、そもそも客単価が低いわけですから、数をこなして売り上げを伸ばしていかなくてはならず、そのため強引な勧誘が多くなると考えられます。

 

一方で、施術料金が高めに設定されている脱毛サロンの場合では、ほぼ強引な勧誘はなく、接客態度も丁寧です。
これは店舗やエステティシャン個人の考え方にもよりますが、格安サロンほど強引な勧誘が多いというのは事実ですので、脱毛サロンを選ぶ際の参考にしてみて下さいね。