フラッシュ脱毛ってどんな仕組みなの?

脱毛をお考えの方がはじめに迷う部分、それは、脱毛エステの脱毛なのか、それとも医療機関での脱毛なのかという点でしょう。
どちらもセルフ脱毛では難しい部分の脱毛が叶うという点に於いては同様ですが、これらの脱毛には微妙な違いがあります。

 

フラッシュ脱毛とは?

一般的なフラッシュ脱毛は、IPLという光を脱毛部分に照射して、照射後に自然にムダ毛が抜けて行くのを待つという方法です。
フラッシュ脱毛の光は、皮下の毛包部分に存在している毛母細胞の組織を破壊する作用を持っているため、何度か照射を行ううちに、徐々に毛母細胞の分裂機能そのものが弱り、毛の再生率が低くなるという特徴を持っています。

 

また、フラッシュ脱毛は一度に広範囲の照射が可能であるため、一部分に高い熱が加わることが少なく、レーザー脱毛よりも施術中の痛みが弱いというメリットを持っています。
近年では、スムーススキン方式やS.S.C.方式と呼ばれる光脱毛も登場してきており、これらは従来のIPL方式による脱毛よりもお肌への刺激が少ないというメリットを持っています。

 

IPL方式による脱毛は、レーザー脱毛よりも刺激が弱いという特徴を持っていますが、この方式による脱毛でもお肌への刺激を強く感じるという方は、スムーススキン方式やS.S.C.方式の光脱毛を採用している脱毛サロンに相談してみると良いでしょう。

 

レーザー脱毛とはどう違うの?

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、それぞれに照射する光とレーザーの波長が異なります。
まずフラッシュ脱毛ですが、この脱毛方法では、異なった波長を持つ複数の光を照射するため、広範囲への照射が可能、また、照射する光が分散するため、施術中の痛みが比較的弱いといわれています。

 

一方、レーザー脱毛では単一の波長を持つレーザーをピンポイントで毛母細胞部分に照射するため、一部分に加わる熱量が多く、施術中の痛みが強いといわれています。ただし、狭い範囲に対してレーザーを反応させる方法であるめため、フラッシュ脱毛よりも高い脱毛効果を期待することができるというメリットを持っています。

 

そして、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛ともに、毛のメラニン色素に光やレーザーを反応させる方法であるため、従来の脱毛機では日焼け肌の場合では施術を受けることができないという共通のデメリットがありました。
ですが、近年では日焼け肌にも対応することができるフラッシュ脱毛機やレーザー脱毛機も登場してきていますので、日焼け肌=脱毛できないという概念は時代とともに消えつつあります。