フラッシュ脱毛にはどんな特徴があるの?

昔は高額だった脱毛費用も、最近では脱毛サロンが増えたことも手伝って、かなり料金が抑えられるようになりました。
そんな脱毛サロンで取り入れられているのがフラッシュ脱毛です。

 

ではフラッシュ脱毛には、どのような特徴があるのでしょうか。
それは、医療脱毛と比べると痛みが比較的少ないことです。

 

そもそも、フラッシュ脱毛は、毛の持っている黒い色の色素、いわゆるメラニン色素に働きかけて熱エネルギーを生じさせ、そのエネルギーが毛根部分に伝わることで、毛が抜けていきます。
その際に用いられるフラッシュが、インテンス・パルス・ライトと言われており、通称ipl脱毛と呼ばれています。

 

このフラッシュ脱毛は、毛の成長する周期に合わせて照射していくため、1度照射すると1〜2ヶ月ほどおいて再び照射する必要があります。
この照射を繰り返すことで体毛をなくしていくのです。

 

痛みが少ない

フラッシュ脱毛は、医療用のレーザー脱毛に比べると、比較的痛みが少ないと言われています。
フラッシュ脱毛に使われるフラッシュとレーザー脱毛のレーザーとは、元々は同じ種類の光線なのですが、フラッシュ脱毛の方が、出力が弱くなっています。
そのため、脱毛時に生じる痛みも弱くて済むのです。

 

このように痛みが少なく手済むため、脱毛が初めてという方でも気軽に受けられるのが、フラッシュ脱毛です。

 

薄い毛でもフラッシュ脱毛はできる?

脱毛サロンなんかで行われているフラッシュ脱毛は、黒い毛や茶色い毛に反応するフラッシュが使われています。
その為、色が黒いほど、脱毛力が強いし、毛が太いほどにエネルギーが多く発生して脱毛が促されます。

 

ところが、体毛には、個人差があるため、中には毛が細い人や薄い人もいますよね。

 

フラッシュ脱毛の場合、メラニン色素の量が少ない毛の薄い人や細い人は、脱毛の効果が表れにくいと言われています。
その為、顔の産毛や胸やお腹、背中の産毛、うなじなどは脱毛効果が分かりにくいという方もいます。

 

ただ、これは初回や2回目の話で、目には見えませんが、フラッシュ照射の効果は確実に表れていっています。
その為、何度も繰り返し行うことで、徐々に脱毛効果を感じていくことができるのです。

 

顔であれば、だいたい5回くらいで脱毛効果を感じられるようになりますよ。
そして、しっかりと脱毛できたと思えるには顔であれば10回くらい、胸や背中でも8回くらいはかかります。

 

薄い毛で、今は脱毛効果が表れていないと思われている方も諦めないで、根気強く続けていってみてください。
回数と時間はかかりますが、かなりムダ毛が無くなって、ツルツルのお肌へと変わりますよ。

 

フラッシュ脱毛って目への影響はないの?

脱毛サロンなどでお手軽に行えるという理由から、フラッシュ脱毛を選ぶ方は多いのではないでしょうか。
ですが、フラッシュ脱毛を受けた方の中には、「施術中の光がまぶしい。目への影響はないの?」と不安に思われる方がいます。
フラッシュ脱毛は、正しい方法で行えば目への影響を心配する必要はないといわれていますが、間違った方法で行ってしまった場合では、目に悪影響が及ぶこともあります。

 

フラッシュ脱毛・目への影響について

フラッシュ脱毛行う際には、専用のサングラスやゴーグル使用するのが一般的です。それは、フラッシュ脱毛時の光が、直接目に触れてしまうのを防ぐためです。
では、フラッシュ脱毛の光が、万が一直接目に触れてしまった場合では、目にはどのような影響が及ぼされる可能性があるのでしょうか。

 

まず、フラッシュ脱毛の原理を考えてみましょう。
フラッシュ脱毛は、ムダ毛の黒色に光を反応させる脱毛方法で、光の熱をムダ毛の黒いメラニン色素に蓄えさせることにより、少しずつ毛根細胞の働きを弱めて行く方法です。
ですが、光が反応するのはムダ毛の黒色だけではなく、黒目の黒色にも反応するという性質を持っています。

 

そして、黒目に熱が蓄えられてしまったらどのようなことが起こるのでしょうか。
それは、やけどが起こる危険性が高まるということです。
目がやけどを負う…考えただけで恐ろしい話ですが、万が一このようなことか起こってしまったら、視力を失ってしまうことも十分に考えられます。

 

つまり、これを防ぐために、光の照射中にサングラスやゴーグルを使用するということです。
また、まぶたを閉じていれば大丈夫なのでは…という疑問が持ち上がってくるかもしれませんが、光は光を透過する性脂質を持っていますので、まぶたを閉じていても、サングラスなどでガードしない限り、普通に皮膚を通り抜けて、黒目に達します。

 

家庭用フラッシュ脱毛器に注意しましょう

家庭用フラッシュ脱毛器は、セルフでムダ毛処理を行うことができる、大変便利なアイテムです。
そして、脱毛サロンのフラッシュ脱毛器よりも照射レベルのパワーは弱いと考えられていますが、どれほどパワーが弱くてもフラッシュ脱毛器であることに変わりはありません。

 

つまり、万が一光が直接目に触れてしまったときには、視力の低下などの事故が起こる可能性が高くなるということですね。
家庭用フラッシュ脱毛器を使用する際にも、脱毛サロンと同様にサングラスやゴーグルで目を守り、安全に処理を行うことを心がけましょう。

 

人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表をチェックする>>
今月の全身脱毛人気サロンTOP5はここ!>>