フラッシュ脱毛

サロンやクリニックでおなじみのフラッシュ脱毛。
良く耳にするけど、実際どういう仕組みでムダ毛が処理されているかご存知ですか?

 

その名の通り、光を利用してムダ毛を処理する「フラッシュ脱毛」
気になる仕組みやメリットデメリットなどをご紹介したいと思います。

 

フラッシュ脱毛とは

IPL(インテンス・パルス・ライト)と呼ばれる光のエネルギーを利用した脱毛法。
サロンによってフラッシュ脱毛や光脱毛、IPL脱毛などと呼ばれています。

 

カメラのフラッシュのような波長の長い光をムダ毛に当てることで、毛根を破壊することができ、サロンによって機械に差があり、光の波長や照射する時間などが若干異なる場合もあります。

 

フラッシュ脱毛の光は、毛周期の中でも成長期にのみ効果があります。
成長期のムダ毛に照射すると毛包に熱を与え、この熱が発生することによって毛包がタンパク変性を起こし死滅します。
成分が死滅したことによりムダ毛自体も老廃物となります。
数週間で徐々に抜けはじめ、1〜2ヶ月後には光を受けた殆どの毛がなくなりツルツルの肌を手に入れることができます。

 

フラッシュ脱毛のメリット

 

フラッシュ脱毛はもともと、フォトフェイシャルに使われてきた施術法。
顔の毛穴を引き締めて肌を明るくする目的として行われてきましたが、照射を繰り返すことで毛が細く薄くなったという効果が表れたことから、脱毛サロンでも本格的に採用されるようになりました。

 

ということもあり、フラッシュによって施術されたお肌は、フォトフェイシャルを受けた時と同様に明るくハリのある肌に仕上がります。

 

また、他の脱毛法とは違いほとんど痛みがありません。
照射面積も広く広範囲に渡って照射することもできるので、背中などの広範囲な部分も短時間で済みます。

 

フラッシュ脱毛のデメリット

フラッシュ脱毛にはもちろんデメリットもあります。
代表的なのは、他の施術方法に比べると効果が劣るということ。
資格のない方でも施術ができるため、出力が弱く細い毛や産毛などには反応しにくいことも…。
完璧にムダ毛を脱毛したい!という方には物足りなさを感じることがあります。

 

また、出力が弱いので効果を感じられるまでに時間がかかることも…。
フラッシュ脱毛を行うサロンでは、6回・8回といった回数設定がされていますが、通常の毛量の方の場合は10〜12回以上でやっと納得いく効果が得られるとか。
2か月ペースで12回行っても丸2年はかかってしまいます。

 

脱毛サロンやクリニックでおなじみのフラッシュ脱毛は何がいいの?

メリットやデメリットがさまざまなフラッシュ脱毛。

そんなフラッシュ脱毛ですが、サロンに通わず家庭用脱毛器を使って自分で施術することもできます。

 

その際はアフターケアをしっかり行いましょう。
カミソリや毛抜きに比べればお肌へのダメージは少なくて済みますが、フラッシュ照射後は肌が乾燥している状態。
このままにしておくと乾燥だけでなく、開いた毛穴が炎症し肌トラブルを起こすことも考えられます。
施術後は保湿クリームを塗るなどして肌にうるおいを与えましょう。

 

家庭用脱毛器での施術が不安な方や、アフターケアに自信のない方脱毛サロンでの施術がオススメ!
照射前にたっぷり保湿ジェルでお肌を保護し、自分では届かない背中やうなじもしっかり処理してくれます。
キャンペーンを利用して掛け持ちをすればさまざまな部位をリーズナブルに脱毛できちゃいます!